2010年10月25日

文字化け修正

アナウンスがあった文字化けの修正のやり方がもうひとつ判らない。
新しい記事を投稿すればよいのか?
posted by クリえもん at 08:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2007年11月18日

ありがとうございます

明日からお母さんは、仙台にお仕事です。おやじさん、ちゃんと僕の世話してくれるかな・・・。下手すると、 ご飯も水もない状態になっちゃったりして・・・。信用しているぞ、おやじさん。

師匠のおやじの一言

今日は、上部大会準優勝ということで、新人戦終了後、祝勝会が行われました。 最後まで素晴らしいがんばりを見せてくれた6年生たちに感謝です。

そして、この大会を持って勇退される監督さんにも、心から感謝します。技術的にもまだまだ未熟な師匠を、 一年を通して使い続けていただき、ご迷惑をおかけしました。素晴らしいチームとして、 このチームの最後の試合まで参加できたことを喜びに思っています。

師匠も、全試合出場(学年の音楽コンクール市大会出場時の練習試合以外は皆勤)。喜んで野球をする様子を見ることができました。 いろいろ苦労をかけたとは思いますが、大きなトラブルもなく無事全大会を終了できたことを感慨深く思い出しました。

そして、このブログを読んで激励、アドバイスをいただいた皆様。ありがとうございます。

この投稿をもって、本ブログ「クリえもんの人間観察」を終わろうと思います。長い間お付き合いいただきありがとうございました。

もし、もしよろしければ・・・。

新体制の下、最上級生となる師匠がどのように変化していくか。いろいろなアドバイスなどいただけたら・・・。

クリえもんの人間観察 〜2nd Stage〜

の方もよろしくお願いいたします。

posted by クリえもん at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(1) | 野球

2007年11月17日

残念

4―3で逆転負け。
でも、準優勝は立派でした。
posted by クリえもん at 14:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野球

決勝進出!

5―2で準決勝勝ちました。師匠、追加点の足掛かりとなるツーベース!次も勝ちに行きます!


 IMG_2917


IMG_2920

posted by クリえもん at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月16日

普段どおりのことを

師匠、そろそろ起きる時間だよ。もう、7時30分を過ぎているんだから。そんなに遅くまで寝ていたら遅刻しちゃうよ。 布団の上から走り回っても、師匠はなかなか出てきてくれません。確かに、今朝はとても寒いですが、僕だって、 早く居間のこたつのスイッチを入れてもらいたいので、必死で起こしにかかりました。あれ?いつもだと嫌々起きる感じなのに、 今日はさすがに慌てた様子。ほら、やっぱり、僕って役に立つでしょう?

師匠のおやじの一言

ここしばらく、小次郎Jr(長尺バット)での素振りを続けていましたが、試合で使用するビヨンドとの差があるようで、 違和感を持っている感じが伝わってきました。そこで、昨晩はビヨンドでの集中的な素振り。だいぶいい感じで振ることができているようです。

今期、後半では自主練でやっていることが、チーム練習であるいは試合でできていなかった師匠。今シーズンも残すところ、あと1日。 最後の最後に、感覚をつかむことができるでしょうか。練習では、色々考え、いろんなことを試して自分のものとし、 打席では無心で来た球を叩いてもらいたいものです。

さあ、今日は早寝をして明日に備えるぞ・・・。あ、これは普段通りではないです。

posted by クリえもん at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2007年11月15日

いつもより多く塗っております

くっさ〜い。頭がくらくらするぅ。でも、しばらくしたら、気持ちよくなってきたかも・・・。危ないから、二階に避難しよう。 おやじさん、いったい何しているの?

師匠のおやじの一言

さてさて、ブラックと思って買った、師匠の新しいスパイクが実はシルバーだった、の塗装です。

使った塗料(染料?)はテロソンの「染めQ」。ネーミングがいかにも怪しいのですが、以前、 バイクシートの補修の時、OEMであるDAYTONAから出ていた染めQを使ったことがあります。 バイクのシートという、ある意味過酷な条件でもなかなか具合が良かったので、今回は本家の「クツ染めQ」を使ってみました。

塗装前はこちら。

IMG_2784

やっぱり、これでは公式戦には使えません・・・。早速マスキングを施し、塗装の準備。

マスキングすると、こんな感じです。

IMG_2785

それから、脱脂をした後に、かるく下塗りとして、ぶしゅー!っと・・・。うぅん。十数年前に作ったプラモデル以来の素敵な香り・・・。 らりらり〜、しないように裏庭での作業を行いました。

IMG_2786

10〜15分おきに2,3回重ねて塗ると出来上がり。今回は、いつもより多く4回の重ね塗りを行いました。

IMG_2788

ちょっとこだわって、上から見れば銀色をしていたのがわかるけど、正面からは黒にしか見えない仕様にしてみました。これで、 【ウエーブフランチャイズセレクト】(2kp-55000)師匠スペシャルバージョンの完成です。

IMG_2789

あとはどの程度耐久性があるかですね・・・。

posted by クリえもん at 11:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 野球

2007年11月14日

星の子チョビン

おかあさん、どこいっちゃうの?今日は早く帰ってくるんだよね・・・。最近PTAという仕事が多くてなかなか家にいてくれません。 人間って、生活するだけでも忙しいんだなぁ。

師匠のおやじの一言

幼少の頃、海外で暮らしていたおかあさんですが、日本の放送を見ることはできたようです。「星の子チョビン」もやっていたようで、 知っていました。

なんと言っても、「からだもまんまる、チョビだけど」という歌詞が印象的です。「チョビ」って、なんなんだろう?とりあえず、 「はねて、はずんで、たたかう」そうですので、身体の大きさだけでは優劣は決まらず、 敏捷性も重要だということを言っているようにも思えます。でも、YouTubeでこの映像を見ながら、横のリストを見ると「スーパー3」 もあるではありませんか。「おいらはでぶっちょ、ボヨヨのヨン!」こちらが、師匠向きか?

今週末に控えた、上部大会の準決勝、決勝。準決勝で勝てれば、星の子さんか、燕さん。星の子さんに関しては、 うちが県大会出場を決めた隣の区のチームには勝っているし、以前のエントリーで「おやじ好みのチーム」 と感じた強豪さんともいい試合をしているようです。どんなチームか楽しみです。

星の子2連戦となるか、燕さんとあたるかは判りませんが、全力を尽くしてもらいたいと思います。

 

posted by クリえもん at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2007年11月13日

次に向けて悪あがき

鷹揚に構えるが、吉。おやじさんにいくら、「ごはん、早くしてくれ〜、うななぁ〜ん。」と急かしたところで、タイミングが悪いと足蹴にされるだけ(本当に、あしげ・・・)。そんな時は、きっと必ずもらえるものだと腹をくくって、しばらく待つのがコツです。そのうちおやじさん本人がおなかを空かせて、ついでに僕のえさを用意してくれます。何事にもとりかかるタイミングは重要です。

師匠のおやじの一言

初戦突破を果たした我がチーム、次の試合は同市対決となります。ちょうど、我がチームの直前に試合をしていたことから、観戦することができました。
印象は、ピッチャーに関してはうちのチームのエースと同じくらいの球速。初回こそ乱れたものの、コーナーを丁寧につくピッチングが目を引きました。特に、師匠のお見送りコースが決め球のようですので、最低でもそこをカットできるくらいまでには仕上げておきたいところ。
次に気がついたのは、つなげていく打線。1本で試合の流れを決めると言うよりは、全員が次のバッターにつなげていくことを意識しているかのような当たりを打ってきます。特にサード線へのセーフティーバントは見事でした。これは、サードの守備が試合の流れを決めそうな予感です。
さらに、足を絡めた攻撃。バッテリーで如何にランナーを釘付けにすることができるか、このあたりも勝敗の行方を占う大きな要素でしょう。
初戦は、見たことのない相手でしたが、今回は1試合とはいえ一応情報があります。少しでも、好結果に結びつく要素があるなら、最後の悪あがきを師匠にしてもらっても良いかな、と思います。
まずは、守備でのカバーリング。攻撃的守備にしないといいように相手ペースにはまりそうな気がします。外野の務めとして、しっかりカバーリングのイメージを作ってもらいたいところです。
また、バッティングに関しても、ボールと喧嘩するような打ち方を修正したいところ。力任せではまだこれくらいの球威の球はそう簡単には打ち返せないでしょう。ボールの中心をしっかりミートできるようにスイングを安定させたいものです。
そして、相手チームの一番の印象。それは・・・。
応援席です。スコアボードに選手の名前が出るたびに、メガホンを打ち鳴らしてのエール。まるでプロ野球の試合前のようでした。そして、攻撃では、一致団結しての応援。グラウンド全体に鳴り響きます。当地区ではあまり見ない、一種、異様な雰囲気にやられないようにしてもらいたいものです。とはいえ、これからうちのチームの父兄をかりだしても、そのような応援ができるとも思えませんので、集中を高め、応援に左右されないプレーを師匠(そして、チームメイト)には期待したいところです。
好投手擁するチームに勝利したことで、変に天狗にならないよう、しっかりとした準備をして臨みたいところです(そもそも、うちのエース君を師匠は打つことはできないのですから)。
posted by クリえもん at 01:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野球

2007年11月12日

振り遅れ

一度捕まえたマスコットは、両手で抱え込み決して離さないぞ!と意気込むのですが、離さないと次の猫じゃらしをしてもらえませんので、 やっぱり離した方がいいかも・・・。でも、なんとなく、心残りがあって、しばし呆然としたところに、次の「ぶら〜ん」が来るので、 そんな時には、猫ぱんちを出しそびれて、マスコットをつるしている紐に絡まってしまいます。タイミングがずれると、 思ったところにあたらない、やっぱり一度捕まえたら離すの止めようかな・・・。

師匠のおやじの一言

昨日は上部大会の初戦がどんよりした天気の中行われました。心配していた雨は、途中、ややぱらついたものの、ほとんど影響なし。 グラウンドも、さすがプロ球団のものだけあって、土が少々べたつくものの、充分に試合ができる状況でした。

相手投手は、想定通りの本格派。試合後の師匠の感想は「思ってた以上に、速かった」だそうです。結果は2打数0安打、1三振、1犠打。 第一打席は、得意の見逃し三振。最初から当てに行くスイングをし、最後は手も足も出ず。この癖、 早く直さないとミノサン大王になりそうです(^_^;)

第2打席は、試合を左右する局面で、送りバント。おやじとしては、重要な役割をこなしてくれたと思ったのですが、おかあさんからは 「地味〜」との評価。それでも、ここでこのバントが決まっていなかったら、得点の機会はほとんどない状況だったと思いますので、 ここは師匠をほめておきたいと思います。本人も、ガラにもなくバントで緊張していて、 投球前からしっかりバントの構えをする確実な方法を選択。初球はファールにしたものの、なんとか決めてくれました。

そして第3打席。同級生君も、我がチーム3本目となるヒットを放ち、自分も、という感じで打ちに行きました。明らかに振り遅れ。 結局なんの工夫もなく内野ゴロに打ち取られました。

試合の結果は、ヒット3本ながら、3点を挙げ、接戦をものにして、3-2の勝利。心臓に悪い試合でしたが、 来週の準決勝 、決勝につなぐことができました。まだまだ終わりません。

IMG_2748

こんなタイミングでバットに当たったら、前には飛びませんね。

そして、次の投球に対しても、

IMG_2749

こんなタイミングで振りに行ったら、当然間に合いませんね。

これはスイング云々より、何の工夫もなく、タイミングの修正もしないところに問題がありそうです。 少しは反省して改善する習慣を持ってもらいたいところです。

posted by クリえもん at 09:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球

2007年11月11日

これって、シルバーですから・・・。

うぅん。師匠の新しい靴、ぴかぴかで、ちょっと変な臭いもして好みかも・・・。べろん、って舐めようとしたら師匠に怒られちゃった。 まあ、でもそのうち飽きるだろうけど・・・。

師匠のおやじの一言

ミズノさん、この靴を「ブラック X ブラック」と表記するのは、ちょっと問題ですよ。学童野球では、 チームで統一しなければならないルールですから、当然、うちのカラー、「ブラック X ブラック」に該当すると思っちゃいました。

IMG_2781

これは、どう見ても「シルバー X ブラック」です。商品の写真では、グレーに見えていましたが、かなり光沢のあるシルバー (ガンメタ)。カタナフリークのおやじとしては、このデザイン、とても気に入ったのですが、やはり公式戦で使えないのではちょっと問題。 しかも、Pカバーをつけたものについては、返品・交換不可と認識して買ったので、どうしようもありません。このあたりが、 ネット通販の難しいところでしょう。

IMG_2782

まあ、いつもの通り、自分で着色してしまいますので、 問題なく使用できるようになるのでしょうが、ちょっと残念。まあ、証拠として写真を残しておくことにしましょう。

ん?この足の指の付け根についているランバード、ここだけは残したい気がするな・・・。

IMG_2783

posted by クリえもん at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球