2007年02月21日

われ3

新しい首輪をもらいました。今度のカラーは迷彩色。いままでおとなしめだったけど、なんかちょっとワイルドになった気分です。 引っかかったときにも、首が絞まらないように伸び縮みする素材でできています。これならば、違和感もあまりないし、「家族の印」 と割り切っていやいやつけていることもなさそうです。やっぱり、伸び縮みは重要です。

師匠のおやじの一言

しばらく、バッティングに関しては以前より成果も出しているし、ある程度好調と思い手をつけていませんでしたが、 理想のうねうね打法を見てしまったので、おやじは触発されました。

いよいよ、うねうね打法の最終段階です。以前のエントリ「われ2」で書いたのですが、 師匠のフォームはトップの位置が比較的低いのが特徴です。

主な理由は、ボールの見極めのタイミングがやや遅く、トップを高く取ってから振り始めると、 差し込まれてしまい詰まった当たりが多くなることと、高いトップ位置からの縦落としを行うと、 直線的にミートポイントへ持っていこうとするために身体のホームベース側への倒れこみが大きくなり、 右肩が下がっていることを指摘されることが多くなるためです(もっと根本的なことに、倒れこみがキャッチャー方向になることが多いので、 ますます軸が曲がって見える)。

まずは、軸をまっすぐにして、こまのように回ることを心がけて練習をしていました。脇を締めていると、 回転運動の半径が小さくなるため、ミートからフォローにかけては大きくするようにし、 こじんまりとまとまることを回避する練習も入れていました。

これで、だいぶ外野までの打球も増え、時にはレフトオーバーなんかも練習では放つことができるようになってきたと思います。

それでも、そろそろ師匠の筋力ではこの当たりで限界に来ているところです。次に飛距離を伸ばすためには、腰の回転を速くするか、 バットスピードを速くする手段を考えなくてはなりません。筋力アップという手もありますが、まだ筋トレで筋肉をつけるのも、 小学生としてはどうかとおやじは個人的に思っています。これまでは「体重で打て!」などと言ってきましたが、 おかあさんからもクレームがついたことですし、「キレ」を追求し始めても良いかと考え始めました。

筋力は素振りで徐々にアップさせるとして、トップの位置の見直しです。師匠が行っている並進を伴うスイング(ウェイト・ シフトと言うらしい)では、バットが出始めるまでに、トップが作れれば良いという考え方でいました。したがって、 ステップした足が着地した時にトップになることを「われ」と考えて、タイミングを練習していましたが、なかなか身につくことはありません。 であれば、いっそのことステップする前からトップの位置に構えてしまうフォームを練習し始めました。

まずは、師匠の練習の原点に戻って、プラバットとプラボールで練習開始です。構えたときのグリップの高さに注意して、2, 3球打ってみました。以前の通り、右脇を絞込み、キャッチャー側に身体を曲げ、そのまま回転しようとします。 懐かしのうねうね打法は健在でした。おやじは何でこうなるのかなぁ、と構えをもう一度見直すと、 バットの構える高さは確かにトップの位置なのですが、バットの角度に違和感があることに気がつきました。おやじは、その昔、 王選手のフォームにあこがれていましたが、その時のバットの角度はピッチャー側に倒れているものでした。

oh.jpg

イメージ的には、小学生でこんなにバットを傾けて構えると、振り遅れるのではないかという不安がありましたが、ものは試し、 ということで師匠にバットヘッドはグリップよりピッチャー側になるように指示してみました。すると、良い感じで後ろの脇が開き、 あごが左の肩に密着する構えができるではないですか。後の心配は振り遅れだけです。実際にトスバッティングをしてみたところ、 後ろの脇が大きく開いた分だけ、タイミングを早くしなければならないと自然に感じるようで、キャッチャー側に倒れこむところを省略して、 ベース側にねじりこむように傾きます。しかも、脇を締めこむので、そこまではきれいなダウンスイング。 ミートしてからフォローはきれいにアッパー。おぉ〜、おやじの好みのバット軌道だ。20本ほど打ってみましたが、 いままでの打球の勢いとは明らかに違います。まだ実際のピッチャーが投げた球で試したことはないので、 これで本当にボールに当たるのかは不明ですが、感触は悪くないようです。

もう少し練習してみて、実戦でも使えそうであれば投入してみたいフォームのひとつということで、少々継続してみたいと思います。

 

posted by クリえもん at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3388085

エコレーヌ
Excerpt: 45分間で目尻、口元が激変!驚きの美溶液エコレーヌを是非お試しください。
Weblog: エコレーヌ
Tracked: 2007-02-21 14:33

腕立て伏せ
Excerpt: 先日、「握力」という記事を書きましたが、その後で何となく腕立て伏せをやってみたくなってきました。すると…。
Weblog: 腕立て伏せ
Tracked: 2007-02-22 08:50