2007年10月30日

今日も一発打ちたいな

師匠は、僕の食事場所の上のところにある鴨居に向かって、よくプラスチックボールを打っています。どうやら、新手の壁打ちスタイル。 でも、そんな練習をしたところで、ボールに当てるのはうまくなるけど、ちっとも力がつかないと思います。そして、ついにおかあさんから、 その練習は差し止め。後ろにあるルリちゃん(海水魚: ルリスズメ)に当たったら大変ということだそうです。僕の食事への影響ではないところが、ちょっと・・・。

師匠のおやじの一言

師匠、性懲りもなく、相変わらずのだらだら素振り。おやじが見ている分には良いのですが、 まだ今必要なポイントが理解できていないのか・・・。早速、修正に取り掛かりたいと思います。

現在の師匠のチーム練習での状態は、「大きく打てばネット裏 (または内野フライ)、コツンと当てれば内野ゴロ」です。真っすぐに飛んでいくことがありません。なぜに、 こんなにバッティングセンターと違うのか不思議なくらいです。

まあ、ぐちぐち言っても始まりませんので、さっそく現状の確認です。

傾向1:空振りをした後は、ほぼ確実に当てに行くだけのスイングをする。

傾向2:ファールフライ(特に1塁線)をうった後は、ほぼ確実にドアスイングの素振りをする。

傾向3:前で(ピッチャーよりで)叩け!というと、3塁側ベンチの方にファールを打つ。

傾向4:振り遅れた時には、軸足(キャッチャー側)をスケーターのように3塁側方向の横に流し、打球を真横に飛ばす(器用な・・・)。

傾向5:追い込まれると、インコース高めは無茶振り、アウトコース低めは見逃しの確率が高い。

傾向6:良い当たりを打つ時は、ほぼ初球の甘い球を打ったとき。

どうやら、考えれば考えるほど、深みにはまる傾向が強いことと、フルスイングをしなければ内野フライは打てる(空振りをしない) 器用さがあること、そして、カウントが悪くなると自分のフォームでは打つことができないというのが、チェックポイントでしょう。 バッティングセンターであれば、20球のうち5本良い当たり(対面のネット直撃)があり、後の15本は、ゴロか打ち損ね。ゴロはともかく、 打ち損ねも5本程度はあるので、確率2割5分で打ち損ねているようです。やはり、 バッティングセンターで良かったの基準を少し変える必要がありそうです。5本良い当たりが出るのは良いのですが、打ち損ねを減らす、 しかもフルスイングの状態で、という練習方法を検討したいと思います。

う〜ん。難しい・・・。やっぱり回数をこなすことが必要な気がしてきました。素振りでは、打ち損ね(特にタイミングをはずされた) を実感するのは難しいです。かと言って、BCに通うわけにも・・・。とりあえず、シャトルですかね。

「あ〜あ、あ〜あ、今日も一発打ちたいな〜」って、望みだけじゃなくそろそろ実行してもらいたいものです。

posted by クリえもん at 13:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
バッティングって難しいですよね〜
私は守備の人なのでとくに^^
息子のバッティングフォームはそりゃ〜綺麗なんですけど、素振りとバッターボックスではなかなか...
先日よそのチームと合宿したときも、よその監督から、「フォームは抜群!」と言ってもらったんですが、なかなか。
とにかく、お互い、二人三脚で頑張りましょう。
Posted by よっすぃ〜 at 2007年10月30日 20:22
うちも
  素振りだけは4番だぁぁ!
と監督以下各コーチから言われています。
 
 我が家も最近の打撃練習は羽球打ちに徹しています。
 取り敢えず、数をこなさせています。
Posted by trytry at 2007年10月30日 22:57
>よっすぃ〜様

素振りできれいに振れているのなら、開花するのも間近でしょう。あとは、その時期がくるまで、地道に練習して待つだけですね。

でも、早くそんな時が来て欲しい、と思うのはやっぱり親の願いかも・・・。
Posted by クリえもん at 2007年10月31日 09:52
>trytry様

うちの場合は、すでに素振りでもへなへなのスイングをするようになっています(家ではきちんと振るのですが)。自信がないのか、いいかっこしいなのかはわかりませんが、みんなの見ている前でも、全力で振って欲しいところです。
やっぱり、数をこなす方向で考えたいと思います。
Posted by クリえもん at 2007年10月31日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6323082