2007年11月12日

振り遅れ

一度捕まえたマスコットは、両手で抱え込み決して離さないぞ!と意気込むのですが、離さないと次の猫じゃらしをしてもらえませんので、 やっぱり離した方がいいかも・・・。でも、なんとなく、心残りがあって、しばし呆然としたところに、次の「ぶら〜ん」が来るので、 そんな時には、猫ぱんちを出しそびれて、マスコットをつるしている紐に絡まってしまいます。タイミングがずれると、 思ったところにあたらない、やっぱり一度捕まえたら離すの止めようかな・・・。

師匠のおやじの一言

昨日は上部大会の初戦がどんよりした天気の中行われました。心配していた雨は、途中、ややぱらついたものの、ほとんど影響なし。 グラウンドも、さすがプロ球団のものだけあって、土が少々べたつくものの、充分に試合ができる状況でした。

相手投手は、想定通りの本格派。試合後の師匠の感想は「思ってた以上に、速かった」だそうです。結果は2打数0安打、1三振、1犠打。 第一打席は、得意の見逃し三振。最初から当てに行くスイングをし、最後は手も足も出ず。この癖、 早く直さないとミノサン大王になりそうです(^_^;)

第2打席は、試合を左右する局面で、送りバント。おやじとしては、重要な役割をこなしてくれたと思ったのですが、おかあさんからは 「地味〜」との評価。それでも、ここでこのバントが決まっていなかったら、得点の機会はほとんどない状況だったと思いますので、 ここは師匠をほめておきたいと思います。本人も、ガラにもなくバントで緊張していて、 投球前からしっかりバントの構えをする確実な方法を選択。初球はファールにしたものの、なんとか決めてくれました。

そして第3打席。同級生君も、我がチーム3本目となるヒットを放ち、自分も、という感じで打ちに行きました。明らかに振り遅れ。 結局なんの工夫もなく内野ゴロに打ち取られました。

試合の結果は、ヒット3本ながら、3点を挙げ、接戦をものにして、3-2の勝利。心臓に悪い試合でしたが、 来週の準決勝 、決勝につなぐことができました。まだまだ終わりません。

IMG_2748

こんなタイミングでバットに当たったら、前には飛びませんね。

そして、次の投球に対しても、

IMG_2749

こんなタイミングで振りに行ったら、当然間に合いませんね。

これはスイング云々より、何の工夫もなく、タイミングの修正もしないところに問題がありそうです。 少しは反省して改善する習慣を持ってもらいたいところです。

posted by クリえもん at 09:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
まずは初戦突破、おめでとうございます。
頭の中では理解していても、実際にバントの時に何をしなければならないのかと言うことを忘れる^^;子が多いんですが、師匠君はしっかりと決めるタイプの子ですね(^^)
試合の中でドンドン成長していきましょう!
Posted by trytry at 2007年11月12日 12:34
>trytry様

ありがとうございます。勝てたのが不思議なくらい、緊迫したゲームでした。
息子も、ここまでバントで集中しなければ、当てられない投手との対戦は良い経験になったと思います。
次のゲームでも、また一段、ステップアップしてもらいたいです。
Posted by クリえもん at 2007年11月13日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6698121